ショートムービーサイトTOP > 審査員のご紹介

ショートムービーコンペティションの最終審査を担当いただいた審査員を順次ご紹介します。(決定次第発表)

小澤 怜 (おざわ さとし)

2000年に東京デザイナー学院アニメーション科を卒業。

グラフィックデザインの仕事を経て同学院の助手を経て、後に学科長として学科運営を行う傍らで独学で映像制作を続ける。

現在は制作会社でインフォグラフィックスをメインとしたムービー制作を担当している。グラフィック、イラスト、スチル、モーショングラフィックスをベースとしたジャンルレスでトリッキーなデザインを得意とする。

ご挨拶

第11回おもいがわ映画祭の開催、おめでとうございます。

前回に続き、今回も審査員として参加させていただけて大変嬉しく思っています。笑いあり、涙あり、本当に様々な作品が想像以上のクオリティで作られているので、今回もとても楽しみにしています。

寺内 康太郎 (てらうち こうたろう) 監督

大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。これまで多くの劇場用映画作品を監督。

最新作は「金沢シャッターガール」(2018)

ホラー「口裂け女2」ラブスト―リー「華鬼」青春「マリア様がみてる」コメディ「少林老女」アクション「デメキング」などジャンルを問わない演出スタイルで多角的な映画制作に従事している。

最新作はホラー映画を準備中。

 

ご挨拶

「おもいがわ映画祭」の審査員を務めさせていただいき4年目になります。

インディーズ境界も今はプロとアマの境界線も細くなり毎年作品レベルは向上しています。今年もまた新たなクリエイター達との出会いに大変刺激を受け、審査する側も真剣に向き合います。

角田 誠 (つのだ まこと) 松竹株式会社 プロデューサー

 

松竹映画宣伝など経て、2002年よりビデオパッケージ作業に従事。

2003年小津安二郎DVD-BOXにてAMD Award 審査員特別賞受賞

ご挨拶

本年度のキネマ旬報誌ベストテン1位2位の作品『恋人たち』『野火』のソフト化の仕事をしていて、小さな映画作りの良さを実感しておりました。奇しくも、何年か振りにショートムービーの審査員のお話を頂き、お引き受けしました。力作期待しております。

 

T O P

おもいがわ映画祭

NPO法人 おもいがわ映画祭実行委員会

〒323-0014 栃木県小山市喜沢1475

Mail:info@omoigawa-cinema-festival.com

TEL:0285-21-2020

Copyright © 2016 おもいがわ映画祭. All Right Reserved.